ネットユーザーの約40%がサイト開設&その20%が広告掲載の事実 セルフイメージがあなたを変える!情報起業成功法!

リー・ミルティア「内面から成功しなさい」

2008年02月07日

ネットユーザーの約40%がサイト開設&その20%が広告掲載の事実



すでにご存じのニュースかもしれませんが、
アフィリエイトに関する興味深い最新データが
矢野経済研究所より発表されましたのでご紹介します。


これはインターネットで商品を販売する人には、
きわめて重要な情報と言えるでしょう。


2007年9月〜2008年1月のデータだそうですが、
それによると、

「インターネットユーザーの38.7%がサイト開設、
うち約半分が広告掲載している。」



そして、現在の市場規模は690億円で
今後も年25%程の成長が予想され、
2010年度には、1,325億円の市場規模に達する
という予測がされています。


ここから読み取れること。


これはつまり、おおざっぱに言うと、
商品を紹介する、広告を掲載するアフィリエイターが、
今後2、3年で倍になる見込み
だということです。


これを聞いて、あなたはどのような手を打ちますか?


ビジネスは将来を予測してそれに合わせて設計していくものです。


その上、アフィリエイトという手法は現在でさえ、
インターネット上で商品を売るための、
かなり強力なセールスフォースの1つです。


すでに、アフィリエイトだけで商品を販売して
ビジネスを展開している人もいるくらいです。


しかし、今後のことを考えるとただアフィリエイトを
セールスのツールとして使うだけでは力不足です。


アフィリエイターは移り気です。
すでに自分の商品を、アフィリエイター経由で販売している方は、
実感としてご理解いただけると思います。


今後は、商品を販売し続けていくなら、
将来につながっていく強力な営業部隊として、
アフィリエイターを囲い込んでおかなければいけません!


ではなぜ、囲い込む必要があるのでしょうか?



その答えはここにあります!

ご自身の目で確認してください


posted by CCKKJJ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85862486

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。